早漏の恐ろしさ

早漏の恐怖

早漏の恐ろしさ 早漏は男性のマイナスイメージとなっています。

しかし、早漏にはマイナスイメージだけではなく、恐ろしい症状が隠れているということをご存知でしょうか。

症状について 早漏の定義は色々ですが、自分自身で射精をコントロールできないという声が多いです。
男性が勃起から射精するまでの時間というのは約5分から10分ほどが平均的な時間と言われています。

早漏の場合は軽度なものだと約5分以内、重度なものになると約1分以内で射精することもあります。
射精するから大丈夫と捉えてしまう方も多いと思いますが、早漏は一種の「射精障害」という症状ではないかと考えられています。

射精障害について

射精障害は男性特有の症状であり、EDと同じように問題視されている症状です。

ペニスが刺激に弱い状態であり、挿入前に射精するというケースも存在します。

早漏も症状の一種であり、発症してしまうとEDに繋がる可能性も高くなります。

早漏の恐ろしさについて

「射精できるから大丈夫」と考えてしまうかもしれませんが、早漏は恋人や奥様などパートナーを満足させることができなくなってしまいます。

女性は男性よりもオーガズムに達するまでの時間が長く、個人差もありますが達するまでの時間は約20分といわれています。 そのため、早漏の方と性行為を行うと「満足させることができない」という結果を生んでしまいます。

満足できない性行為というのはお互いの関係を冷え切らせてしまったり、離婚といった大きな問題へと繋がる可能性が高くなります。

早漏改善するには

早漏を改善するためにはより長い時間性行為を行うことが一番の解決法です。

それを可能にしてくれるのが、バイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬です。

これらは勃起時間を維持してくれるため、パートナーを満足させる性行為を行うことができます。

個人輸入というサービスではメガリスといった比較的値段が安いED治療薬を買うこともできるので、一度試してみると良いと思います。